飲む日焼け止めよりも本物の食べ物で美白ケア!

美白というと、日焼け止めを塗るのが一般的で、もちろん私も使用しています。でも、それなら塗っていない所が絶対あるし、以外に塗りムラが出来るようです。なので、最近は飲む日焼け止めというのが発売されていますが、内側から日焼け対策するなら食物でもいいと思うんです。

というよりは、その方が栄養もあっていいと思うんです。美白以外にも、さまざまな栄養を含んでいる場合が多いからです。代表的なのはトマトです。あの真っ赤な色がいいようです。夏野菜なので、紫外線の多い季節に手に入りやすいです。朝、出かける前に食べるのがいいです。

ビタミンCが肌に良いからといって、朝に柑橘類を食べる人がいますが、それは良くないようです。確かに美肌にはビタミンCは大切ですが、出かける前に食べるとシミになってしまうようなので、別の時間帯に食べる事です。トマトは赤いものほど、よく効くようなので、プチトマトの方がより効果があるようです。

中からのケアをしていれば、体全体に効いてくれるのがいい点です。そして、特に気になる部分には日焼け止めもプラスしたら最適だと思います。そのように、美白を心掛けていれば、脇の黒ずみも薄くなっていきます。黒ずみに関しては、他にも理由があります。それは、摩擦です。体を洗う時に、ゴシゴシすると黒くなりやすいです。何もしなくても、脇は場所的に擦れやすいので、要注意です。そして、直射日光を浴びてしまった時のアフターケアも大事です。しっかり保湿する事が美白につながります。

あと最近、ネット上でクレアフォートの効果が話題になっています。脇用の美白クリームなのですが、全身にも使えてかなり黒ずみがとれるとか。気になる方は体験者のレビューサイトもいくつかあるので見てみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です