若い頃のつけが20代で来た!?私の薄毛事情とヘア対策

私が薄毛を気にしたのは社会人になってからのことです。それでも20代で早から薄毛に悩まされました。

父方の祖母も祖父も髪の毛がふさふさです。年齢とは見合わないほど髪の毛が残っています。しかし母方の祖母と祖父が髪の毛が禿げてきていました。だから2分の1の確率だということは覚悟していたのです。社会人になって髪の毛がどんどん減ってきてから私は母方の血を継いでしまったことを自覚しました。

それにしても20代から髪が薄くなってくるなんてそこまでの覚悟はなかったです。そんなに早くに薄毛に悩むだなんて思いもしませんでした。髪の毛の遺伝というのはあるのだと思いますが、私は祖父や祖母を上回る勢いで髪の毛が減っています。原因も特に分からずに対処の仕様がないのです。本当にどうしてこうなってしまったんだろうと落ちこみます。

こんなことなら10代から髪の毛をケアしておくべきでした。若いから大丈夫だと思って髪の毛をあまり大事にしていなかったツケが回ってきたのかもしれません。薄毛が徐々に進んできて髪の毛が全体的に薄くなってきました。このままでいくと30代を迎える前に髪の毛が禿げてきそうです。

もう気持ち的に全く穏やかじゃないので、この薄毛問題を何とかしたいです。少しでもいいからハゲるのを遅らせたいと思っています。真剣に自分の髪の薄さに危機感を感じていて、この先の自分の髪の毛が心配です。

薄毛でこんなに早くから悩むとはさすがの私も予想外でした。最近では真剣にシャンプーもうる変えてヘアトニックなども使いながらケアするようになりました。種類が多くて商品選びには迷いましたが、口コミ評判やヘアトニックランキング(参考:http://www.folowapp.com/)なども調査しながら評判の良いものを使っています。

すぐに成果がでないのが不安で悔しいところではありますが、とりあえずは今のまま半年ほどこつこつ継続して続けてみるつもりです。薄毛回復は継続が命と言われるので、根気よく続けないと成果は得られにくいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です